口頭発表 PDF Print E-mail
Jul 14, 2012 at 07:49 AM

 


21日(火)
教室1
9:00-9:30 ○藤岡典子(シンシナティ大学)・品川 覚(ハワイ大学、カピオラニ校)
日本語遠隔教育コースの問題点と解決方法の探索
9:35-10:05 ○宮島良子(名古屋大学大学院国際言語文化研究科大学院生)・金村久美(名古屋大学大学院法学研究科)・佐藤綾(同)、レイン幸代(同)
テレビ会議の活用がもたらす日本語教師への影響
10:10-10:40 ○増山和恵( California State University, Sacramento)
過去10年のテクノロジー導入の試みを振り返って
休憩
10:55-11:25 ○水藤直子(University of Texas at Austin
)・相田幸江(University of Texas at Austin
)
Online Homework Use in Japanese Classrooms
11:30-12:00 ○松井久恵(プリンストン大学)・花光里香(早稲田大学)
仮想環境における視覚的要素の社会的相互作用への影響
休憩・昼休み
13:50-14:20 ○保坂敏子(日本大学 総合科学研究所)
内容重視のe-Learning学習メディアの開発と評価-専門科目と日本語教育の融合を目指して-
14:25-14:55 ○大塚薫(高知大学)・宮崎聡子(韓国・明知大学校)・若月祥子(韓国・弘益大学校)
遠隔チューター参加による日本語実践授業の構築
休憩
15:30-16:00 ○ 高倉 (林) あさ子(カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校)
ムードルを使用したオンライン型総合テスト開発
16:05-16:35 ○川村よし子(東京国際大学) 
語彙教育と連動した専門日本語教育用教材の開発
16:40-17:10 ○牛田英子(University of California, San Diego)・當作靖彦(同)・千菊岳志(Gettysburg College)・落合恵美(Mesa Community College)・ボーグマン 敦子(University of Wisconsin-Milwaukee)
オンライン専門能力開発におけるテクノロジーの意義 
17:15-1745 ○中島和子(トロント大学名誉教授)・森下淳也(神戸大学)・田中順子(同)
継承語教育文献データベースのコンテンツ・内部構造・インターフェースに関する諸問題





21日(火)
教室2
9:00-9:30 ○Vorobeva Galina(キルギス民族大学・国立国語研究所招聘研究員)・Vorobev Victor(キルギス民族大学)
漢字字体情報処理システムの開発と応用
9:35-10:05 ○ Irena Srdanović( University of Ljubljana )
Japanese learners’dictionary of i-adjective-noun collocations
10:10-10:40 ○山田ボヒネック頼子(NPO法人ヨーロッパ日本語教育学研究所)
KanjiKreativ –全常用漢文字の短期集中E学習法で情報処理力の早期達成を!
休憩
10:55-11:25 ○鳴海富美子(The University of Edinburgh)・Helen Parker(同)・Wilma Alexander(同)・逸見明子(同)・山内陽子(The University of California, Santa Barbara)
『ニンテンドーDSiによる言語相互活動の実践』
11:30-12:00 ○阪上 アックシュ ダリヤ(トルコ・チャナッカレ・オンセキズ・マルト大学)・新實葉子(名古屋大学大学院生)・阪上辰也(広島大学)
オノマトペを中心とするコロケーション学習用Web教材の開発
休憩・昼休み
13:50-14:20 ○Yukari Kato(Tokyo University of Agriculture and Technology)
Learning Community to Encourage Professional Development of Japanese Language Teachers
14:25-14:55


休憩
15:30-16:00 ○松村保寿(名古屋外国語大学)
外国語教育の教育への情報通信教育の導入とそのツール
16:05-16:35 ○Keiko IKEDA(Kansai University,)・Adam BRANDT(同)・Tomoki FURUKAWA (同)
IT教室で展開する言語学習―相互行為分析による考察
16:40-17:10 ○三輪譲二(岩手大学)・品川 覚(ハワイ大学、カピオラニ校)
日本語テ形動詞の発音評価の検討
17:15-17:45






21日(火)
教室3
9:00-9:30 ○李文平(名古屋大学大学院)
統計手法を用いた日本語コロケーションの抽出
9:35-10:05 ○佐野香織(ポーランド・ワルシャワ大学)・山口昌也(国立国語研究所)
コメント機能を含む相互教授作文支援システム実践分析
10:10-10:40 ○真島知秀(沖縄国際大学)
コンピュータによる日本語教育・研究への課題と提言
休憩
10:55-11:25 ○酒井たか子(筑波大学)・小林典子(同)
筑波日本語テスト集(TTBJ)の開発と使用(1)
11:30-12:00 ○加納千恵子(筑波大学)・魏娜(同)
筑波日本語テスト集(TTBJ)の開発と使用(2)
休憩・昼休み
13:50-14:20


14:25-14:55


休憩
15:30-16:00 ○柴田智子(プリンストン大学) 
発音の自律学習を促進するためのIT利用
16:05-16:35 ○小松幸廣(国立教育政策研究所)
スマホ対応日本語教育用音声・画像・辞書データベース
16:40-17:10 ○加藤由香里(東京農工大学)・古屋憲章(早稲田大学)・藤川美穂(学習院大学)
日本語教師の成長を支援する学習サイトの運営
17:15-17:45 ○孫媛(国立情報学研究所)・谷部弘子(東京学芸大学)・島田めぐみ(同)
認知診断モデルに基づくWeb日本語語彙テストの開発

 


22日(水)
教室1
9:00-9:30 ○石崎俊子(名古屋大学)
地域日本語教育支援eラーニング教材開発の際の留意点
9:35-10:05 ○中澤一亮(元智大學)
フェイスブックを活用した日本語作文活動の量的特徴
10:10-10:40 ○瀬尾匡輝(香港理工大学)
ウェブを活用した批判的思考能力育成プロジェクト活動
休憩
10:55-11:25 ○芝野耕司(東京外国語大学)
日本語教育研究基盤としての日本語コーパス
11:30-12:00 ○赤堀侃司(白鴎大学)
デジタル機器は学習において紙に勝てるか



22日(水)
教室2
9:00-9:30 ○張 麗珺(上海師範大学天華学院)
日本語初級クラスにおけるマルチメディアの利用
9:35-10:05 ○Bradley J. Wilson(Arizona State University)・Miko Foard(同)
ePortfolio 2.0+:  Communication Crossing Borders
10:10-10:40 ○筒井通雄(ワシントン大学)
教科書とテクノロジーの統合:実践と課題
休憩
10:55-11:25 ○尾本康裕(城西国際大学)
留学前の事前学習としてのオンライン上での日本語教育

 

Last Updated ( Jul 23, 2012 at 08:26 AM )